三浦のりつぐのホームページにご訪問いただき、心より感謝申し上げます。

 新年を迎え早や半ばとなりましたが、皆様におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。私は、新年会に追われながらも次第にエンジンの回転数も上がり、全開に向けて一生懸命市政に取り組んでいるところです。

 12月議会では奈良未来の会を代表して質問を行いましたが、仲川市長からは概ね主旨に沿った答弁がありましたが、iPadの購入に対しての質問に対して、TVでは随意契約をした理由を議会側からの要請に基づいて導入を急いだと説明していたにもかかわらず、議会では自分がそのように受け止めたことで3月議会に間に合わせるべく購入を急ぎ随意契約となったと翻し、2期目となっても相変わらず口先だけの市長であることが実証されたわけですが、このような市政運営は市民を欺くものと義憤を感じているところであります。今後も、2度目の信託を背に自信満々の市長と正々堂々と向き合い、市民のために何がハッピーなのかについて論議を尽くしたいと考えておりますので、皆様のご理解ご協力ご支援賜りますよう宜しくお願い致します。

 私の大きな課題であります、ごみ焼却施設の移転建設問題につきましては、最終候補地を決定しながらも候補地周辺の皆様との話し合いに臨めず、こう着状態が続いておりますが一日も早く話し合いの場を設け早期解決をしていきたいと考えております。

 さて、東日本大震災による大津波で甚大な被害を蒙りました私の故郷である、釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼の復興がまだまだ不十分で、一日も早く以前の生活を取り戻したいと一生懸命に生きようとしておられる被災地の方々に申し訳ないとの気持ちでいっぱいであります。東北の寒さは特に厳しいことから、今なお仮設住宅に住んでおおられる方々の安否が気にかかるりながら、何もできない自分の無力さに申し訳ないとの気持ちでいっぱいであります。したがって、私にできることをとの思いから少額ではありますが機会あるたびにカンパに協力させていただいております。皆様も是非よろしくお願い致します。         

  現在、私は議会改革検討作業部会の部会長として議会の見える化を推し進め、市民の皆様からの負託に応えられるように議会改革をしていく所存であります。そのためにも皆様からのご意見やご提案等をメールやファックスでどんどんお寄せくださいますとともに私のはたらきぶりが一目でお分かり頂けるように、活動報告やアルバムをどんどん更新いたしますのでお見逃しの無いようご覧下さいませ。